蓬莱竜太の学歴は舞台芸術学院専門学校で羽咋工業高校出身!経歴についても!

トレンド
スポンサーリンク

脚本家・演出家と活躍している蓬莱竜太(ほうらいりゅうた)さんが女優の伊藤沙莉さんと交際しているということで話題になっていますよね。

 

蓬莱竜太さんはどんな人物なのでしょうか。

学歴などを調べてみると、石川県にある羽咋工業高校デザイン科を卒業

その後、舞台芸術学院専門学校演劇科に進学し演劇を学んだようです。

 

そして、現在46歳の蓬莱竜太さんはこれまでさまざまな作品や舞台を作り上げてきた経歴がありました。

 

そこでこちらの記事では

蓬莱竜太の学歴や出身高校!
蓬莱竜太の経歴!
蓬莱竜太のプロフィール!

についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

蓬莱竜太の学歴や出身高校!

蓬莱竜太さんの学歴を改めてご紹介します!

【出身高校】
石川県立羽咋工業高等学校デザイン科
【専門学校】
舞台芸術学院専門学校演劇科

 

蓬莱竜太さんは石川県立羽咋工業(はくいこうぎょう)高等学校デザイン科を卒業しています。

兵庫県神戸市出身ですが、中学1年生の時に石川県羽咋市に転居をしたことで、羽咋市内の高校に進学したようです。

当時は演劇に興味がなかったようですが、担任の先生の強い勧めによって演劇部に入部したとか。

人生とは不思議なもので、演劇部に入部したことによって演劇に目覚めたそうです。

 

そして、進学先として東京都豊島区にある舞台芸術学院専門学校演劇科本科を選び1996年に卒業しています。

舞台芸術学院専門学校演劇科の同期生には西条義将さんがおり、彼と他の仲間と共にモダンスイマーズを立ち上げました。

 

 

スポンサーリンク

蓬莱竜太の経歴!

蓬莱竜太さんの経歴を簡単にご紹介していきましょう!

 

蓬莱竜太さんは1996年に専門学校を卒業後、同期生の西条義将さんや古山憲太郎さん、津村知与支さん、小椋毅さん、生越千晴さんの6名で劇団「モダンスイマーズ」を立ち上げました。

 

 

「モダンスイマーズ」で蓬莱竜太さんは全公演の演出を担当

 

そこでの演出家としての腕が評価され、「モダンスイマーズ」以外での演出も手掛けるようになりました。

有名どころでいくと舞台「世界の中心で愛をさけぶ(2005年)」「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~(2007年)」「淋しいのはお前だけじゃない(2011年)」などがあります。

 

ちなみに蓬莱竜太さんが原作と演出を務めた「首切り王子と愚かな女(2021年)」で伊藤沙莉さんが主演を務めたことがきっかけで交際に発展したそうです☆

 

その後も佐々木希さんが出演した「酔いどれ天使(2021年)」や「広島ジャンゴー2022」なども手掛けており、今注目の演出家の一人として活躍しています。

 

また様々な賞も受賞しており、その功績は業界でもお墨付きのようです。

【受賞歴】

2005年
『まほろば』で第53回岸田國士戯曲賞受賞

2017年
『母と惑星について、および自転する女たちの記録』で第20回鶴屋南北戯曲賞受賞

2019年
『消えていくなら朝』で第6回ハヤカワ悲劇喜劇賞受賞

 

蓬莱竜太さんは46歳の現在までに舞台や映画など100以上の演出を務めていました。

素敵な恋人ができて、演出家としてますますの活躍に注目があつまりそうですね(^^)

 

スポンサーリンク

蓬莱竜太のプロフィール!

蓬莱竜太さんのプロフィールをご紹介します。

名前:蓬莱竜太(ほうらいりゅうた)

生年月日:1976年1月7日

年齢:46歳(2022年4月現在)

身長:165cm

体重:56㎏

出身:兵庫県神戸市

趣味:読書、音楽鑑賞、映画・マンガ鑑賞

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、伊藤沙莉さんとの交際報道で知名度が急上昇中の演出家・蓬莱竜太(ほうらいりゅうた)さんについて、学歴や経歴についてまとめてきました。

 

蓬莱竜太さんは、石川県立羽咋工業高校デザイン科の在学中に担任の先生の勧めで演劇部に入部。

その後、、舞台芸術学院専門学校演劇科に進学したことが分かりました。

専門学校卒業後は仲間たちと劇団を立ち上げ、地道に着々と実績を積んで、業界では有名な演出家の一人でしたね。

20歳年下の伊藤沙莉さんという恋人の存在がますますの活躍に拍車をかけてくれるかも!思わず期待しちゃいます(^O^)

 

伊藤沙莉さんが交際を認めたということで結婚も間近かもしれないですよね。

 

筆者も動向を見守りたいと思います!

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

 

トレンド
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました