國武大晃の身長や出身中学・高校などwikiプロフ!実家はぶどう農園!

トレンド
スポンサーリンク

北京オリンピックが2月4日に始まり、日本人選手が沢山活躍していますね。

中でもスノーボードでは、出場する日本人選手も多く注目を集めています。

その中で、2月6日に行われたスノーボード男子スロープスタイル予選に出場した國武大晃(くにたけひろゆき)選手

欲しくも21位で予選敗退となってしましたが、果敢に攻めた滑りを見せてくれました。

スロープスタイルでは予選敗退となってしまいましたが、國武大晃選手は2月14日からのスノーボードビッグ男子ビッグエアに出場します。

 

そこで今回は、國武大晃さんについて、『身長や出身中学や高校などwiki風プロフィール』『経歴と北京オリンピックへの思い』『実家はぶどう農園!』『きょうだいや父・母など家族構成』と題してまとめました。

スポンサーリンク

國武大晃の身長や出身中学・高校などwikiプロフィール!

國武大晃選手のwiki風プロフィールをご紹介します。

 

名前:國武 大晃(くにたけ ひろあき)

生年月日:2002年2月10日

年齢:20歳(2022年2月12日現在)

身長:163cm

体重:54kg

出身地:愛知県阿久比町

出身中学:東浦町立北部中学校

出身高校:私立鹿島学園高等学校(通信制)

種目:スノーボード スロープスタイル、ビッグエア

所属:STANCER

スポンサー:ブックオフ など

 

國武大晃選手は、愛知県阿久比町出身で、中学校は出身地の近くある東浦町立北部中学校を卒業しています。

 

高校は、茨城県鹿嶋市近くの私立鹿島学園高等学校の通信制を卒業しています。

スノーボードは雪がある場所での練習になるので、通わずに学ぶことができる通信制を選び、スノーボードと学業を両立させていたようですね。

スポンサーリンク

國武大晃の経歴と北京オリンピックへ思い

國武大晃さんは3歳からお父さんの影響でスノーボードをを始めました。

幼いころからスノーボードを始めた國武大晃選手は、お父さんから見ても板と雪遊びが大好きな少年だったそう。

”好きこそ物の上手なれ”という言葉通り、國武大晃さんはメキメキと頭角を現します。

 

14歳の時、JSBA全日本スノーボード選手権スロープスタイル種目に出場し、80人以上もの出場選手を抑えて日本王者に輝きます

 

その成績が評価され、2018年平昌オリンピックでは当時、日本選手団最年少の15歳で出場しました。

平昌オリンピックでは惜しくも、スロープスタイル、ビッグエアとも予選敗退。

当時、風の影響を受けて自身の滑りが全くできなかった國武大晃選手。

そこで見たのは、風の影響を考慮して技の難易度を押さえてもメダルを獲得した上位の選手たちを目の当たりして自身の経験の浅さを感じたそうです。

 

そこから4年間、国内外の大会に出場し経験を積んでいった國武大晃選手。

北京オリンピックに向けて國武選手は次のように述べています。

 

「何メートルと高いところに飛んで着地するので、下手したら死ぬかもしれない。それが決められればメダルは獲れる。命がけで戦おうと思います」

引用:東海テレビHP

並みならぬ思いで挑んでいる國武大晃選手。

北京オリンピックではまだ世界で誰も成功していない、バックサイドクワッドコーク1980°=横4回転・縦5回転半の大技を挑戦する予定です。

スロープスタイルでは惜しくも予選敗退となってしまいましたが、2月14日のビッグエアに期待したいです!

 

 

スポンサーリンク

國武大晃の実家はぶどう農園!

國武大晃選手の家は國武ぶどう園を営んでいます。

【國武ぶどう園】

〒470-2101
愛知県知多郡美浜町東浦町森岡上申間1-162

11種類のぶどうを育てており、美味しいぶどうがお手頃価格で直売・地方販売されているようですよ。

國武大晃選手も海外遠征から帰ってくるとぶどう園の手伝いをしているそうです。

國武ぶどう園のTwitterアカウントもありました。

こちらのツイートはお父さんやお母さんが呟いたのでしょう。

家族の愛情が伝わってきますね(^^)

 

 

スポンサーリンク

國武大晃のきょうだいや父・母など家族構成!

國武大晃選手は、父、母と7歳差と2歳差のお姉さんがいます。

父:國武大毅さん

母:國武あゆみさん

長女:國武楓花さん

次女:國武真葵さん

長男:國武大晃選手

お父さんはぶどう園を営んでますが、趣味でクワガタを200匹ほど飼育しているそうです。

好きなことに没頭する姿は國武大晃選手に引き継がれているようですね(^^)

また、お父さん自信がスノーボードを教えられるように自らスロープスタイルを取り組んでいます。

 

お母さんは、ぶどう園の仕事を仕切っているようです。

お母さんが家業を支えてくれていることもあり、國武大晃選手もスノーボードに集中出来ているのかもしれません。

お父さんお母さんの愛情が伝わってきますね。

 

7歳年上のお姉さん、國武楓花さんもスノーボード経験者です。

國武大晃選手の大会に同行したり、SNSで声援を送ったり弟を応援している様子が分かります。

 

 

2年上のお姉さん、國武真葵さんもスノーボードをしており大会にも出ています。

北京オリンピックへの出場はありませんでしたが、まだ22歳。

今後、國武姉弟として注目を集める日が来るかもしれませんね。

 

國武家では、お父さんの飼われているクワガタ以外にも動物を沢山飼育しているようです。

その中でも、「ハヤブサのように速く、高く飛べるように」とハヤブサも飼育しているようです。

とても素敵でユニークな家族ですよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

そこで今回は、國武大晃さんについて、『身長や出身中学や高校などwiki風プロフィール』『経歴と北京オリンピックへの思い』『実家はぶどう農園!』『きょうだいや父・母など家族構成』と題してまとめました。

 

國武大晃選手の活躍がますます楽しみです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

トレンド
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました