百舌鳥八幡宮月見祭2022屋台の出店やふとん太鼓について!日程や順番についても

イベント
スポンサーリンク

2022年9月10日(土)11日(日)の二日間で百舌鳥八幡宮月見祭2022が開催されます。

百舌鳥八幡宮月見祭は中秋の名月、旧暦の8月15日に行われ地元の方々には月見祭りとして親しまれています。

そして百舌鳥八幡宮月見祭の見どころと言えば、ふとん太鼓!

今年は開催されるということで宮入・宮出の順番も気になるところですよね。

また、お祭りに欠かせない屋台や露店が出店しているかどうかも知りたいとことではないでしょうか。

そこでこちらの記事では、2022年の百舌鳥八幡宮月見祭についてまとめましたのでご覧ください。

この記事で分かること▼

【2022年百舌鳥八幡宮月見祭】
・屋台の出店について
・ふとん太鼓と日程について
・交通規制について
・駐車場について
・アクセス方法
スポンサーリンク

百舌鳥八幡宮月見祭2022屋台の出店について

2022年の百舌鳥八幡宮月見祭では屋台の露店の出店が予定されているようです。

ただ、感染症対策を講じての出店になることから、出店数や内容についてはギリギリまで調整となりそうです。

今年は、全国のお祭りで屋台や露店を出店しているお祭りも増えていますので、百舌鳥八幡宮月見祭においても屋台や露店を大いに楽しめる可能性が高そうです。

飲食を楽しむ場合は、個人でも感染症対策を行いながら楽しんで下さいね。

過去の百舌鳥八幡宮月見祭における屋台の様子がTwitter上で見つけることができましたよ(^_-)

スポンサーリンク

百舌鳥八幡宮月見祭2022ふとん太鼓と日程について

百舌鳥八幡宮月見祭のみどころと言えばなんといってもふとん太鼓です。

たいこを納めた台座の上の朱色の座布団に似たものが積み重なれている様子がふとんに見えることから「ふとん太鼓」と呼ばれるように。

太鼓を納める台座には壮大な彫り物、ふとん部分には金縄や大小の房の華麗な装飾が施されており大きさは実に約4メートル、重さ約2トン。

そのふとん太鼓を約60~70人が担ぎ移動する様子は圧巻です。

お祭りに出かける際は間近で見てみたいもの。

そこで、2022年のふとん太鼓のスケジュールをご紹介します。

宮入(2022年9月11日(土))

・1番 赤畑町 11:00~12:00(子供太鼓同時)
※特番 子供太鼓連合 12:10~13:10
・2番 梅町 13:20~14:20
・3番 梅北町 14:30~15:30
・4番 西之町 15:40~16:40
・5番 土塔町 16:50~17:50
・6番 中百舌鳥町 18:00~19:00
・7番 本町 19:10~20:10
・8番 陵南町 20:20~21:20
・9番 土師町 21:30~22:30

宮出(2022年9月11日(日))

※特番 子供太鼓連合 9:30~11:00
※特番 稚児行事 11:05~11:35
・1番 赤畑町 11:40~12:40
・2番 本町12:50~13:50
・3番 梅北町 14:00~15:00
・4番 西之町 15:10~16:10
・5番 中百舌鳥町 16:20~17:20
・6番 土塔町 17:30~18:30
・7番 陵南町 18:40~19:40
・8番 土師町 19:50~20:50
・9番 梅町 21:00~22:00

スポンサーリンク

百舌鳥八幡宮月見祭2022交通規制について

2022年の百舌鳥八幡宮月見祭開催に伴い、会場となる場所では交通規制が行われます。

+++++++++++++++++++++++++++++++
【交通規制について】
■日程
・2022年9月10日(土)
・2022年9月11日(日)
■時間
・9:00~23:00
■場所

+++++++++++++++++++++++++++++++

交通規制の実施期間中は周辺道路や会場が大変混雑しますのでご注意ください。

状況によって交通規制の範囲が変わる可能性がありますので、当日の現地の警警察官や係員の指示うようにしてください。

スポンサーリンク

百舌鳥八幡宮へのアクセス方法

最後に百舌鳥八幡宮へのアクセス方法をご紹介します。

【住所】
大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁706番地

【アクセス】
・JR阪和線「百舌鳥駅」より徒歩10分
・南海高野線「百舌鳥八幡駅」より徒歩約10分
・南海高野線「三国ヶ丘駅」下車⇒南海バス北野田方面行「梅北町」より徒歩約5分
・地下鉄御堂筋線「中百舌鳥駅)下車6番出口より徒歩20分
もしくは6番出口から南海バス堺東泉ヶ丘線(津久野駅前、伏尾方面行き)に乗り、「百舌鳥八幡前」バス停より徒歩5分

【地図】

スポンサーリンク

まとめ

今回は2022年の百舌鳥八幡宮月見祭についてまとめました。

例年、中秋の名月にあたる旧暦8月15日前後に開催される百舌鳥八幡宮月見祭が2022年はほぼ通常通りの開催ということで楽しみにしていた方多いのではないでしょうか。

約4メートル、重さ約2トンのふとん太鼓が60~70人に担がれる様子は圧巻の一言!

ぜひ、こちらの記事を参考に2022年の百舌鳥八幡宮月見祭を楽しんで頂ければと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

イベント
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました