尾瀬ヶ原の紅葉2022見頃時期と混雑予想!駐車場とアクセスについても!

スポンサーリンク
おでかけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

原始林に囲まれた日本最大級の高層湿原である尾瀬ヶ原では紅葉の時期、草紅葉(くさもみじ)を楽しむことができます。

草紅葉は鉱山植物が紅葉で色づくと草原が黄金色に色づき、広葉樹の紅葉、針葉樹の緑、800種の珍しい植物群とのコントラストは一見の価値がありますよね。

最近は自粛期間があったということもあり、今年はぜひ尾瀬ヶ原の紅葉を見たいという方多いと思います。

そうなると2022年の尾瀬が原の紅葉の見ごろ時期や混雑予想、駐車場やアクセスが気になることろ。

そこでこちらの記事では2022の尾瀬ヶ原紅葉シーズンについてまとめましたのでご覧ください。

 

この記事で分かること▼

【2022年尾瀬ヶ原の紅葉】
・紅葉の見頃時期の予想
・混雑予想と回避方法
・駐車場情報
・アクセスについて
スポンサーリンク

尾瀬ヶ原の紅葉2022見頃の時期予想

2022年の尾瀬ヶ原の紅葉予想はこちら!

++++++++++++++++++++++++

9月下旬~10月下旬が見ごろ

草紅葉:9月中旬頃から色づき始め
広葉樹:9月下旬頃から色づき始め

※気象条件により多少の前後有り

++++++++++++++++++++++++

例年尾瀬ヶ原の紅葉は、草紅葉は9月中旬頃、広葉樹は9月下旬頃から色づき始め、9月下旬から10月上旬が最も見ごろとなります。

気象条件によって多少の前後はありますが、2022年においてもほぼ例年通り見ごろを迎えるでしょう。

スポンサーリンク

尾瀬ヶ原の紅葉2022混雑予想と回避方法について

尾瀬ヶ原の紅葉シーズンは他の紅葉スポットに比べると混雑は少ないですが尾瀬ヶ原としては最も混雑する時期となります。

特に草紅葉と広葉樹の両方の紅葉が楽しめる10月上旬から10月下旬の土日祝日は通常より混雑する傾向があります。

また、尾瀬ヶ原はハイキングを楽しむ方が多いので早朝から多くの人で賑わうことが多いです。

確実に混雑を回避したい場合は、平日に行くことがおすすめとなります。

ただ、尾瀬ヶ原は童謡でもあるとおり、水芭蕉が有名ということもあり、他の紅葉スポットに比べると混雑していないスポットに分類されることがあるようです。

紅葉を楽しみながらハイキングも楽しみたい!という方にはおすすめのスポットといえるでしょう。

スポンサーリンク

尾瀬ヶ原の紅葉2022駐車場情報

尾瀬ヶ原の駐車場情報をご紹介します。

++++++++++++++++++++++++

♦尾瀬第一駐車場(尾瀬戸倉)
駐車料金:1000円/1日
収容台数:280台
トイレ:有

♦尾瀬第二駐車場
駐車料金:1000円/1日
収容台数:250台
トイレ:有

♦スノーパーク尾瀬戸倉/尾瀬高原ホテル
駐車料金:1000円/1日
収容台数:900台
トイレ:無

※バスは駐車料金4000円/1日

♦大清水駐車場
駐車料金:500円/1日
収容台数:240台
トイレ:有

※バスは駐車料金1000円/1日

++++++++++++++++++++++++

尾瀬ヶ原の駐車場の特徴は収容台数の多さです。

ただ、尾瀬ヶ原は早朝からハイキングを楽しむ方が多いので朝の早い時間帯から近い駐車場(尾瀬第一駐車場)は満車になることが多いです。

特に土日祝日はできるだけ早く現地に着くことをお勧めします。

なお、尾瀬ヶ原の9~10月は寒い場合もありますので防寒を忘れずにお持ちくださいね。

スポンサーリンク

尾瀬ヶ原へのアクセス方法

更新中!

【電車の場合】
・JR沼田駅から大清水もしくは尾瀬戸倉行き関越交通バスで約80分⇒尾瀬戸倉停留所下車
鳩待峠行きマイクロバスへ乗り換え約30分、徒歩60分で山ノ鼻

【車の場合】
関越自動車道沼田ICから国道120号経由で鎌田(約40分)
⇒鎌田から国道401号経由戸倉(約15分)
⇒この先マイカー規制。
鳩待峠行きマイクロバスへ乗り換えて鳩待峠(30分)
⇒徒歩60分で山ノ鼻

・東北自動車道西那須野塩原ICから国道400号・121号・352号経由(約2時間)
⇒福島県檜枝岐村御池(ミイケ)駐車場着、駐車場から徒歩3時間30分

【地図】

スポンサーリンク

まとめ

今回は2022年の尾瀬ヶ原における紅葉について、見ごろ時期や混雑予想、駐車場情報とアクセスについてまとめした。

こちらの記事が少しでも参考になれば幸いです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました