ペルセウス座流星群2022【広島県】見ごろのピーク時間と方角!見える場所も!

イベント
スポンサーリンク

日本の三大流星群の一つであるペルセウス座流星群は毎年8月中旬頃極大を迎えます。

2022年のペルセウス座流星群は8月12日の午前10時頃極大を迎えますので、その直後の夜、8月12日夜~13日明け方、天候に恵まれれば沢山の流れ星の観察が可能です。

 

そこで今回は2022年のペルセウス座流星群の広島県における『見ごろのピーク時間』『たくさん見えやすい方向『広島県各地の過去の流星目撃情報』をまとめました。

 

この記事で分かること▼

【2022年ペルセウス座流星群】
・広島県の見ごろのピーク時間
・広島県の見上げるべき夜空の方角
・県内の過去の流れ星目撃情報!

スポンサーリンク

2022年のしぶんぎ座流星群における広島県の見ごろのピーク時間は、8月12日(金)夜から13日の深夜3時頃です!

 

冒頭でお伝えしましたが、2022年のペルセウス座流星群は極大を8月12日(金)午前10時に迎えます。

極大のタイミングが日中となる為、最も流れ星が観測できるのは極大直後の夜、8月12日(金)夜から13日の深夜3時頃と予測されるのです。

また、放射点が昇り始めれば流れ星自体は出現しますので、3日から4日に日付が変わる頃から流れ星の観察が期待できます。

 

8月12日(金)夜~13日ということで夏休みという方も多いと思います。

ご自身の予定に合わせて、寝る直前に観測するか、一度寝て早起きしてみるか、検討してみてはいかがでしょうか☆

 

ちなみに、昨年(2021年)は極大の1日半後に予想されていなかった流星群の活発な活動がありました。

2022年が昨年と同じ活動をするとなった場合、見ごろは8月14日23時頃となります。

都合の合う方は、14日の夜も夜空を見上げてみてもいいかもしれませんよ(^_-)

 


[新版] 星と星座 DVDつき (小学館の図鑑NEO) [ 渡部潤一(国立天文台副台長) ]

スポンサーリンク

2022年のしぶんぎ座流星群がたくさん見える方角ですが、月明りの影響が少ない方角を見上げることで沢山の流れ星が見える可能性が高まります!

 

『2022年のペルセウス座流星群の放射点は北東で、流れ星は放射点を中心に放射状に出現します。』

これを聞くと、放射点を探して観察した方がいいのでは?と思われますよね。

 

しかし、流星は放射点付近だけではなく、様々な方向に流れるのでどこの方角でも見えるのです。

その為、流星群を観察する際は基本的に放射点を探すよりも夜空を見上げて、周りの街灯などに影響されず比較的暗い方向を眺める方が流れ星を見ることができます。

しかし、2022年は8月12日に満月を迎える為月明かりの影響を受けそうです。

流れ星は月明りに負けてしまうことがあるので、なるべく月明かりの影響を受けない方角を眺めるとよいでしょう。

 

星座の位置や方角を確認しておくと天体観測をより楽しめますよ☆

【日本製 星座早見盤】初心者でも使いやすくて大人気!22cm スターディスク
 

 

尚、人間の目が暗さに慣れるまで15分程かかると言われています。

最低でも15分は夜空を見上げて目を慣らして観察することをお勧めします。

スポンサーリンク

広島県各地の流星目撃情報!

広島県各地の過去の流れ星目撃情報を調査してまとめました。

広島県の街灯が少ない地域はもちろん、人口の多い地域でも流れ星の目撃情報がありました。

広島市でも目撃情報がありましたので、「ウチの周りが明るいからきっと見えない」と諦めずに夜空を見上げてみてもいいかもしれませんよ。

 

安芸高田市

 

江田島市

大竹市

尾道市

 呉市

庄原市

 竹原市

廿日市

東広島市

広島市

福山市

府中市

三原市

三次市

スポンサーリンク

まとめ

今回は2022年のペルセウス座流星群の広島県における『見ごろのピーク時間』『たくさん見えやすい方向』『過去の流れ星の目撃情報』をまとめました。

三大流星群と言われているペルセウス流星群は、ピーク時で最大1時間に30個の流れ星が観られると予測されています。

月明りや天候の影響が気になるところですが、ぜひ夏の思い出に夜空を眺めてみてください(^_-)

ここまで読んで頂きありがとうございました。

皆様の願い事がかないますように。。。☆

イベント
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました