佐野晶哉はライオンキングで劇団四季の元子役!現役音大生で作曲も担当!

トレンド
スポンサーリンク

関西ジャニーズJr.『Aえ!group』の最年少メンバー佐野晶哉さんの活躍が最近話題になっています!

king&Princeの永瀬廉さんが主役を務める映画『真夜中乙女戦争』で主要キャラの「佐藤」役に抜擢され、1月24日放送のネプリーグにも出演!

 

これからの活躍が期待されている佐野晶哉さんですが、小学生の頃は劇団四季に所属しライオンキングやサウンド・オブ・ミュージックのミュージカルに出演してたそうです!

さらに現在は、ジャーズ事務所での活動の傍ら現役音大生で『Aえ!group』のオリジナル曲を作曲しているとか(゚∀゚)

 

そこで今回は、『佐野晶哉はライオンキングで劇団四季の子役だった!』『現役音大生で作曲も担当!』としてまとめました!

 

スポンサーリンク

佐野晶哉はライオンキングで劇団四季の子役だった!

佐野晶哉さんは小学生の頃、劇団四季に所属し「ライオンキング」とサウンド・オブ・ミュージック」に出演してたそうです。

ライオンキングとサウンドオブミュージックといえばミュージカルの代表作!

その2つに出演しているということは、小学生の頃から抜群の歌唱力だったことが伺えます。

ライオンキング ヤングシンバ役

佐野晶哉さんは2012年10月から2014年3月に劇団四季のミュージカル「ライオンキング」に出演していました。

2012年10月から2014年3月というと佐野晶哉さんが9歳~11歳の頃となります。

役柄は主役シンバの子供の頃「ヤングシンバ」でした。

 

当時の子役のオーディションは約50倍の倍率だったそう!

高い倍率を勝ち抜いてヤングシンバ役を演じた経験はきっと今の佐野晶哉さんにとって大きな影響となっているでしょうね。

 

その証にジャニーズ事務所に所属後、大人のシンバになっていました(^^)/

 

 

サウンド・オブ・ミュージック クルド役

佐野晶哉さんはライオンキングでヤングシンバ役を務める5か月前となる2011年9月から2012年6月までのサウンド・オブ・ミュージックでトラップ一家の次男の「クルド」役を演じていました。

当時、クルド役とヤングシンバ役を兼任したことが劇団四季ファンの間で話題になっていたようです。

 

立て続けに重要な役どころを演じた佐野晶哉さん。

遊びたい盛りの小学生時代に約3年間劇団四季の一員として舞台に立っていたということはそれだけ歌やダンスが楽しかったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

佐野晶哉は現役音大生で作曲も担当!

小学生時代に劇団四季にてミュージカルを演じていた佐野晶哉さんですが、中学3年生の時にジャニーズ事務所に入所。

現在は、『Aえ!group』の活動をしながら音楽大学に通って作曲の勉強をしているようです。

「生放送で満点だせるか100点カラオケ音楽祭」という番組出演した際、現役音大生と紹介されていました。

 

大学名は明らかになっていませんが、2学年上の福本大晴さんと小島健さんと一緒に卒業できるように短大にしたという話から、ファンの間では大阪音楽大学短期大学に通っているのではないかと噂になています。

また、ラジオで佐野晶哉さん本人が「作曲の勉強をしたくて音楽大学に通う」と発言していることから、作曲・デザインコースでは?と囁かれています。

 

音楽大学で作曲を学んでいる佐野晶哉さんは、すでに『Aえ!group』のオリジナル曲「神さまのバカヤロー」「ボクブルース」を作曲しています。

大学で作曲を学びグループのオリジナル曲を作曲!素敵すぎますよね!

短大に通っている情報が合っていれば、2022年3月に卒業だと思われるので今後の活躍がますます楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

そ今回は、『佐野晶哉はライオンキングで劇団四季の子役だった!』『現役音大生で作曲も担当!』としてまとめました!

『Aえ!group』の最年少メンバーで歌にダンスに作曲もできる佐野晶哉さんの活躍が今後ますます楽しみですね!

『Aえ!group』のデビューもそう遠くはないかもしれません。

筆者も引き続き佐野晶哉さんの活躍を応援したいと思います。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

https://springcb.com/ninonosashiirepan/

 

 

 

トレンド
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました