よだかれんの学歴は青山学院大学出身!異色の経歴を持つ元イケメン舞台俳優!

トレンド
スポンサーリンク

れいわ新選組から2022年参院選東京選挙区に立候補ことを発表したよだかれん(依田花蓮)さん。

 

よだかれん(依田花蓮)さんは以前からトランスジェンダーであることを公表しており、元男性で以前は依田秀亮(よだしゅうすけ)という名でした。

 

異色の経歴をもつよだかれんさんですが、政治家といえば出身大学などの学歴も気になりますよね

よだかれんさんは青山学院大学法学部私法学科を卒業しています。

当時は政治家を目指していなかったようですが、法学部を卒業しているということで今後の活動にプラスに働いてきそうな予感もします。

 

そんな、よだかれん(依田花蓮)さんはイケメン舞台俳優だったということをご存じですか?

過去にはミュージカルのセーラームーンに出演していたことも!

 

異色の経歴を持つよだかれんさんについて、ますます興味が湧いてきます。

 

そこでこの記事では

よだかれんの出身大学は青山学院大学!
よだかれんの経歴!
よだかれんのプロフィール!
よだかれんは元イケメン舞台俳優!

 

と題してまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

よだかれんの出身大学は青山学院大学!

冒頭でお伝えした通り、よだかれんさんは青山学院大学法学部私法学科を卒業しています。

当時は政治家になる予定はなかったようですが、法学部に通っていたことが今となっては、何か必然的だったように思えます。

大学時代は、勉強よりも遊びとバイトで忙しかったよだかれんさん。

当時は依田秀亮として生活していましたが、上京したのをきっかけにゲイであることをカミングアウトし始めたそうです。

勉強や就職活動には積極的ではなかったですが、この青山学院大学時代に生涯の友と人生を共に歩むパートナーと出会えたそうです。

 

大学は確かに学びの場ですが、それ以上に素敵な出会いや経験のできる場所。

よだかれんさんにとっても大学時代は良き時代だったようです(^_-)

スポンサーリンク

よだかれんの学歴!

これから政治家としての活躍が期待される、よだかれんさんの学歴をまとめました。

1972年
愛知県豊橋市で三人兄弟の次男として生まれる

1975年(2歳)
埼玉県北足立郡吹上町(現・河野市)に転居

1976年(3歳)
吹上町立やなぎ幼稚園入園

1978年(6歳)
吹上小入学

1983年(11歳)
沖縄県へ転居
那覇市立上間小学校へ転入

1984年(12歳)
那覇市立寄宮中学校入学

1987年(15歳)
沖縄県立開那高等学校入学

1988年(16歳)
愛知県立日進西高等学校に転入

1990年(18歳)
代々木ゼミナール名古屋校入学

1991年(19歳)
青山学院大学法学部私法学科入学

1997年~2000年(25歳~28歳)
新宿住友三角ビル49階 ギャルソン・パブや新宿二丁目ラ・セゾンにてショーに出演

2000年(28歳)
蜷川幸雄演出「火の鳥」出演

2001年(29歳)
「ロミオとジュリエット」出演

2002年(30~31歳)
ミュージカル 「美少女戦士セーラームーン」 出演

2008年(36歳)
誕生日にホルモン治療を開始
豊胸手術、性別適合手術
名前を花蓮(かれん)に改名

20009年(37歳)
戸籍上の性別を男性から女性

2010年(39歳)
ハローワークに通うも職がみつからず、行政書士を目指しながらショーパブに復帰

2013年(41歳)
行政書士よだかれん事務所 開設

2014年(45歳)
六本木香和にてショーパブを卒業

2019年(47歳~)
新宿区議選挙で当選

2022年(50歳)
れいわ新選組から2022年参院選東京選挙区に立候補ことを発表

 

参考:ちいさき声をすくいあげる会(よだかれん公式HP)

 

よだかれんさんは子供の頃に3回の転居を経験しています。

その中でも、沖縄県に住んでいた頃の経験は自身の人格に大きな影響があったそうです。

当時は沖縄返還直後だったということで、さまざまな爪痕や文化の違いがあったようです。

 

大学卒業後はアルバイトやショーパブで働きながら芸能界を目指します。

初めての舞台は蜷川幸雄演出の「火の鳥」出演でSPEEDの今井絵里子さん、いかりや長介さんと共演したそうです。

その後、ミュージカル出演をいつくか経験したのち、ショーパブに復帰。

 

その時、先輩ニューハーフダンサーに次のような言葉をかけられたそうです。

「あなたは女性になるために生まれてきたのに何をしているの?人生一度しかないのよ」

引用:ちいさき声をすくいあげる会

この一言でいままで閉じ込めていた女性として生きたいという気持ちが高まったそうです。

 

そして36歳の誕生日にホルモン治療を開始し、戸籍上も女性となりました。

 

その後、ハローワークに通い職を探しますが、今でこそトランスジェンダーの認知度が高まってきているものの当時はほとんど職がみつかりません。

その時、ハローワークの職員に

「あなたのような方は、独立開業出来る資格を取るとよいかも知れませんね」

引用:ちいさき声をすくいあげる会

という言葉を受け行政書士を目指し、41歳の時「行政書士よだかれん事務所」を開設踊る行政書士が誕生しました。

 

そして2018年、あらゆるデモを一律に規制することにつながる公園使用許可基準の変更に疑問を抱き新宿区議会選挙に立候補し当選

 

区議会議員として活動し、2022年れいわ新選組から2022年参院選東京選挙区に立候補ことを発表しました。

 

スポンサーリンク

よだかれんのプロフィール!

ここまでよだかれん(依田花蓮)さんの学歴や経歴についてまとめてきましたので、ここからはよだかれんさんのプロフィールについてご紹介してきたいと思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

よだ かれん(@karen.yoda)がシェアした投稿

名前:よだかれん(依田花蓮)

前名前:依田秀亮(よだしゅうすけ)

生年月日:1972年1月27日

年齢:50歳(2022年4月現在)

性別:女性
元男性(2009年より戸籍上も女性となる)

身長:180cm

出身地:愛知県豊橋市

前職:俳優、行政書士

所属:れいわ新選組

 

スポンサーリンク

よだかれんは元イケメン舞台俳優!

これまでお伝えしてきましたが、よだかれん(依田花蓮)さんは、トランスジェンダーであることを公表している元男性で、行政書士となるまでは俳優として活動していました。

女性としての現在の姿も50歳とは思えないほどお綺麗ですが、俳優をしていたころはかなりのイケメン!

2002年にミュージカル「美少女戦士セーラームーン」にネフライト役で出演していますが、いまだにファンレターが届くほどだそうです。

 

そんなイケメン時代のよだかれんさんの画像がこちら。

右下の青に金色の襟の衣装を纏っているのがよだかれんさん(依田秀亮)です。

高身長でイケメンですよね。

イケメン俳優として活動してきたことも、きっと今後の政治活動にプラスに働くことでしょうね(^^)/

スポンサーリンク

まとめ

今回は、れいわ新選組から2022年参院選東京選挙区に立候補ことを発表したよだかれん(依田花蓮)さんについてまとめていきました。

トランスジェンダーであることを公表しているよだかれんさん。

これから国政に挑戦してくことになりますが異色の経歴が生きてくるかもしれませんね。

女性となった現在もお綺麗なよだかれんさんは男性の頃もイケメンでしかも元舞台俳優ということがわかりました。

 

さらなる今後の活躍に期待が高まります!

 

ここまで読んで頂きありがとうございました☆

トレンド
mariをフォローする
sunrise

コメント

タイトルとURLをコピーしました